AGA治療薬は近年、効果を実感できるとの声が多く、とても人気があります。サイトではそんなAGA治療薬のメリットと副作用についてお話したいと思いますので、是非ご覧になってみてください。

AGA治療薬の効果と副作用

様々なAGA治療薬の副作用の危険性について

薄毛などの原因として男性型脱毛症というものがあって、AGAと呼ばれています。
AGAは男性ホルモンの影響を受けることで薄毛などの症状が現れてしまうのですが、現在ではAGA治療薬というものが認可されています。
AGA治療薬として代表的なものとしてプロペシアがあり、厚生労働省の認可を受けているために美容皮膚科などを受診することによって、医師の処方の元で服用することが可能です。
医薬品ということで、一定の割合で副作用が発症する可能性があります。
服用を行うときには、医師の診察を受けてから指示の元で使用することが適切な方法であると言えます。
プロペシアの副作用としては、性欲の減退や勃起不全、EDなどが報告されています。
また、男性型脱毛症の症状を抑制させる医薬品となりますので、女性の方の服用は認められていません。
女性が服用を行ってしまうと、男の子を妊娠した際に生殖器障害の症状を持っている子供が産まれる可能性があります。
女性がプロペシアを服用しても男性とは違って、薄毛や抜け毛の治療効果は得られないと考えられています。
未成年者においても性器の発達が未成熟なために、AGA治療薬の副作用によって生殖機能に問題が発生する可能性があるために認められていません。
前立腺の病気を持っている人に関しても、使用が制限されています。
AGA治療薬として使用されるものにはミノキシジルもありますが、ミノキシジルは血行を促進させることで頭皮の環境を良くする効果があります。
血管に影響を与えるAGA治療薬となりますので、心臓病や高血圧の症状を患っている方、または高血圧の治療薬である血圧降下剤などを服用している方の場合には、副作用の危険がありますので使用が制限されています。