AGA治療薬は近年、効果を実感できるとの声が多く、とても人気があります。サイトではそんなAGA治療薬のメリットと副作用についてお話したいと思いますので、是非ご覧になってみてください。

AGA治療薬の効果と副作用

入手方法別のAGA治療薬にかかる料金の比較について

男性型脱毛症であるAGAの症状を緩和させることができる医薬品として、AGA治療薬のプロペシアなどがあります。
プロペシアは主成分としてフィナステリドを配合しており、AGAの症状を及ぼしてしまう原因である男性ホルモンの生成を抑制させることができます。
プロペシアは薬局やドラッグストアで購入可能というわけではなくて、医療機関で診察を受けて医師の処方箋がなければ購入することができません。
医療機関でAGA治療薬であるプロペシアを処方してもらうときには、1錠あたりおよそ250円ほどの価格で購入することになります。
1か月あたりの料金として考えると30日分で、およそ7500円ほどとなります。
この金額は医薬品の料金のみの金額ですので、医療機関における診療費などを考えると1か月あたりで1万円ほどの料金がかかるものと考えておいたほうが良いでしょう。
また、プロペシアによる治療は継続的に治療薬を服用する必要があって、効果を得るためには平均的に半年以上の服用しなければならないと言われています。
医療機関においてAGA治療を行うときには、健康保険が適用されませんので自己負担となります。
プロペシアなどを購入する方法としては、個人輸入代行を行っている通販業者を利用して購入する方法もあります。
医療機関で処方してもらう購入方法よりも、安い料金で購入することができると言われています。
日本では認められていないプロペシアなどのジェネリック医薬品である、フィンペシアなどの安価なAGA治療薬もインターネットを利用した通販業者から購入することが可能です。
AGA治療を専門的に行っている病院での1か月あたりの料金は1万円から3万円、一般の病院で頭髪治療を受けたときには7000円から1万円ほど、個人輸入の通販サイトを利用したときには1000円から9000円ほどの料金で治療を行うことができます。